本ズワイガニの旬

本ズワイガニの漁期は、10月~翌年6月上旬です。

本ズワイガニの動画(兵庫県がズワイガニ漁獲量日本一)

本ズワイガニは地域毎で漁期が違う

主な漁猟時期など

ズワイガニの漁期は二つに分けられており、

新潟県~北の海では、オスメスともに10月1日~5月31日です。

富山県~西の海では、メスが11月6日~1月10日、オスは11月6日~3月20日です。

オスとメスの大きさが違うため、漁獲される多くの地域でオスとメスに別の名前がつけられています。

オスは、越前ガニ、松葉ガニ、ヨシガニ、タイザ(タイザガニ)など。

メスは、メガニ、オヤガニ、コッペガニ、コウバコガニ、セコガニ、セイコガニ、クロコなどと呼ばれます。

日本海側は山口県から北、太平洋側は茨城県から北のカナダまでの北太平洋、オホーツク海、ベーリング海に広く生息しています。

日本海、オホーツク海、カナダなどで水揚げされるズワイガニは、本ズワイガニと呼ばれていて、この品種のズワイガニを全国各地で地域ブランドとして販売し地域の活性化に貢献をしています。

本ずわいがにの独特の甘みは繊細で上品な味わいで、身が一番甘いといわれています。

ズワイガニは身入り率によってランク分けされています。

上のランクから 堅蟹(かたがに):身入り率が90%以上。

若上蟹(わかじょうがに):身入り率80~90%程。

若蟹(わかがに):身入り率60~80%程。

脱皮蟹(だっぴがに):見入り率50%以下。

本ズワイガニを通販で買うには

本ズワイ「生」や「ボイル」通販で最も売れているショップは、
かに本舗です。
ネットショップ大賞に8年連続受賞している信頼できるお店です。
是非、美味しいズワイガニを召し上がってください。

かに本舗の本ズワイガニ

コメントは受け付けていません。