上海ガニの旬

上海ガニの漁期は、9月下旬頃~です。

上海ガニの動画(上海蟹料理店)

上海ガニ(チュウゴクモクズガニ)

中華街の名物料理

日本では、上海蟹(シャンハイガニ)の名で知られるカニで、上海、香港などで、秋が旬とされる、食用のカニです。

淡水に生息する蟹で、海の蟹と比べると小さいため、脚の肉などは量も少ないのですが、甲羅の中の内子や蟹味噌の味はまったりと濃厚で、美味です。

栄養価としては、タンパク質、ビタミンB12を豊富に含みます。

食用として、中国から輸入された生きた個体が流通しており、また山形県、秋田県等で養殖が行われています。

食べ頃の旬は、オスが10月、メスは11月です。

旬のメスは、甲羅の中にオレンジ色の内子を持っていて、ほくほくして旨いと評判です。

蒸し蟹、酔蟹(醉蟹)、蟹黄小籠包などが代表的な食べ方です。

コメントは受け付けていません。