セコガニの旬

セコガニの漁期は、11月6日~12月末です。

セコガニの動画(甲羅盛りがオススメです)

セコガニは魅力的な女性。

主な漁猟時期

セコ蟹は松葉蟹のメスで、地域により、「せいこがに」「こうばこ(香箱)」「こっぺがに」「せいこが」という愛称でも親しまれている小振りの食用蟹です。

セコガニの漁期は、11月6日が解禁日で水揚げされます。

資源保護のため禁漁期間が厳しく、年内12月31日までしか漁獲することができません。
1月1日~11月5日までが禁漁期間ですので、なんと11月6日~12月31日までの、約2カ月だけの水揚げなのです。

価格が手頃、それでいて身がしっかりと詰まっており、コクのあるカニ味噌があり、蟹の美味しさを全て兼ね備えています。

特に評価が高いのは、メスならではのプチプチ食感の外子(お腹の外の卵)と、未成熟卵の内子(体内の卵)を醤油に少しつけて食べるのが好評で、歯応えと濃厚な味をしています。
外子の色は、11月頃には明るいオレンジですが、12月や1月と時が経つにつれ、黒に近くなっていき食感が落ちると言われています。

ほぐしてもよし、活けてもよし、味噌汁にも鍋にも合いますが、セコガニの外子を味わいたい方は、11月~12月上旬に食べることをオススメします。

コメントは受け付けていません。