毛ガニの旬

毛ガニの漁期は、漁場が豊富なので通年です。

毛蟹の動画(北海道毛ガニ水揚げ量日本一の町)

毛ガニは北海道の地域毎で漁期が変化

主な漁猟時期など

毛蟹は、北西太平洋の沿岸域に広く生息する大型のカニで、 別名の大栗蟹(オオクリガニ)と呼ばれることもあります。

日本海沿岸、茨城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸まで、太平洋北西部とその縁海に広く生息しています。

漁期は、北海道全体でみると、ほぼ通年で獲れますので、嬉しいことに通販ならば時期を選ばずに、ご賞味いただくことができます。

オホーツク海では、3月中旬~6月頃に浜頓別・枝幸・雄武などが漁場です。

流氷がある間は、氷で漁が出来ないため、流氷の下でプランクトンが豊富に発生し、プランクトンを餌にする小魚や魚介類が多く集まります。

オホーツク海の毛蟹は、小魚や魚介類など豊富な餌を食べてすくすくと育ちます。
3月中旬に毛蟹漁が解禁になり、寒い冬を乗り越えた新鮮な毛蟹がたくさん獲れます。
オホーツク産は漁の期間の約3カ月間広い範囲を、その時期にあわせて漁場を変え、日々仕入れることができます。
小魚や魚介類の動物性タンパク質を餌に、まるまると太り、蟹の身が甘くなります。 また、蟹味噌は旨味が強くまろやかな味わいです。

太平洋沿岸では、7月~8月頃には、胆振・噴火湾などが漁場です。

9月~11月頃には、釧路・白糠などが漁場です。

12月~2月頃には、広尾・襟裳などが漁場です。

北海道太平洋側の毛蟹は、岩盤に生息している豊富な昆布を中心とした海草類や貝類を食べて育ちます。蟹身の肉質がしっかりとしていて、海藻類由来の磯の風味豊かな蟹味噌が美味しいのが特徴です。

毛蟹は漁猟の季節により違う餌を食べていますので、お客様の舌で、味の違いをお楽しみください。

塩茹でや焼き物、身をほぐして様々な料理で活躍する、北海道を代表する食材です。

毛蟹を通販で買うには

毛蟹は、北海道の水揚げされた地域により違う味わいが楽しめるので、
おススメは3種類あります。

1.ジャパンフードセレクション金賞に輝いた「知床羅臼がに」

かに親分の知床羅臼がに

2.Yahoo!ショッピングの毛ガニランキング1位「浜茹で毛ガニ」

かにまみれの浜茹で毛ガニ

3.北海道長万部の「黄金毛ガニ」

黄金毛ガニなら美食市

コメントは受け付けていません。