紅ズワイガニの旬

紅ズワイガニの漁期は、9月1日~翌年6月30日です。

紅ズワイガニの動画(富山県、初競りの様子)

紅い宝石、紅ずわい蟹

主な漁猟時期など

ベニズワイガニ(紅楚蟹)は、日本海などで水揚げされています。

紅ズワイガニは、本ズワイガニよりも、加熱すると全体が鮮やかな紅色になるところが美しく名前の由来になっています。

また、本ズワイガニや大ズワイガニと比べて、殻が薄く柔らかく、比較的安いことから缶詰の原料として加工されています。

口コミでは、

紅ズワイガニの甘い身は刺身が、本ズワイや大ズワイ以上に旨い。

カニみそのコクが堪らない。

酒の肴に最高。

かにミソを食べた後の甲羅にお酒を入れて甲羅酒、お父さん大喜び。

熱いご飯にも合う。

など、想像しただけでよだれが出てくる口コミが多いです。

特に冬の味覚として人気が高く、塩茹でや蒸しガニ、カニ鍋(カニスキ)などで食べられ、新鮮なものは刺身や寿司ネタになります。

7月~8月は禁漁期間ですので、それ以外の約10カ月は楽しめます。

コメントは受け付けていません。